◆クムロミ・講師の紹介◆

当店のロミロミは、ハワイ島のクムロミDane Kaohelani Silvaによるロングライフロミロミというスタイルです。

クム(師匠)、講師を紹介いたします。


”クム カオヘ” デェーン カオヘラニ シルヴァ 
Dane Kaohelani Silva     

ロングライフロミロミの創始者。
ハワイ島ヒロ生まれのネイティブハワイアン。

ケアウカハで育つ。現在は、ハワイ島プナ在住。

幼い頃から、父 エドウィン シルヴァ、マウイ島ハーナ出身の祖母リリー カカニ ノブリエガからオハナスタイルのロミロミの手ほどきを受けて育つ。

ネイティブハワイアンばかりが住むケアウカハで育つ中、偉大なるマスター パパ ヘンリー アウアエやアンクル ヘリー ミッチェル、ビル カヌイなどから、さらに本格的にロミロミ、ラーッアウ ラパッアウ(薬草)などのハワイアンヒーリングを学ぶ。

その後もハワイの様々なクム(先生)、クプナ(年長者)、カフナ(マスター)からハワイアンヒーリング、ルア(武術)、メディテーションを、ハワイ内外の先生から武道、東洋医学、気功などを学ぶ。カイロプラクティックのドクターの学位、鍼灸師の資格も有り。ハワイ大学ヒロ校その他の大学で解剖学やヘルスサイエンスの講師としての経験もある。

ロミロミ指導歴は30年以上で、ハワイや日本をはじめ、アメリカ本土、カナダ、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなど、世界各国に生徒がいる。

伝統的なハワイアンのスピリチュアリティーと、左脳的な解剖学や病理学の両方を極めている数少ないクムロミ。

ハワイアンロミロミアソシエーション(HLA)の創始者の一人であり、初代会長。

現在は、HLAの会長、カイロプラクターとしては引退し、ハワイアンヒーラーとしてロングライフロミロミの次世代の育成と、薬草を育てるガーデンの開拓、また地元住民への健康教育ために尽力している。

(ロングライフロミロミHPより)


”ケカイ” 佐藤  カワヒネオケカイ 麻里子 
Mariko Kawahineokekai Sato

東京都生まれの純日本人。ハワイ島ヒロ•ケアウカハ在住。2000年1月に、縁あって、クムデェーン カオヘラニ シルヴァとロミロミにハワイ島で出会う。その年の暮れにはハワイ島プナ移住を決行。
ロミロミを学ぶと同時にハワイ大学ヒロ校にて、ハワイ語、文化・歴史、フラやチャントを学び、高成績を修め、ハワイアンスタディーズの学位を持つ。
実際にハワイ語のみで教育を進める、地元小学校で教壇に立つ経験をも持つ。
2000年よりクム カオヘの弟子として100回以上のワークショップをアシストし、
2008年にはクムカオヘよりロングライフロミロミを継承するクムロミとして認められる。
2009年に Kekaimalino LLCを設立し、 同年5月にヒロのダウンタウンにロミロミクリニック&スクールHale Lomilomi O Kekaimalino をオープンする。現在はクムカオへとともにロミロミの指導に当たるほか、地元ハワイや世界各地からいらしてくださるお客様にロミロミする毎日。

Hale Lomilomi O Kekaimalinoはこちらへ


”マウ” 石山 晃子
Akiko Ishiyama
ロミロミを心から愛するアジアンビューティーな女性。
2004年にロミロミを何気なく体験した衝撃をきっかけに勉強を始める。
2006年3月にクム Dane Kaohelani Silvaとの出会いを果たし、10月恵比寿でロミロミサロンまうまくあをオープン。
2008年に日本人で4人目となるエッセンシャルインストラクター、Teachers training 修了 。
ロミロミスクールまうまくあをオープン。
2011年、株式会社まうまくあを設立。
2011年東北大震災後は毎月、東北復興支援団体 仙台とどけ隊のいやし隊セラピストとして活動。
ロミロミスクールまうまくあはこちらへ